●部屋内の害虫駆除を実施

 にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ ここ(四角内)をポチッと押してこのサイトの応援をお願いします。
にほんブログ村   ※今日も見に来てくださいまして、ありがとうございます。 

002 60%毎年つゆ場以降に発生しやすい家ダニ等の発生を防止するため、今年も古くから害虫除去剤としてあるバルサンを実施しました。

これをやっておきませんと、工房内には材料を収納している段ボール箱が山積み状態にありますので、そこに家ダニ等が潜んでいたりする可能性があるのです。

毎年使用しているのは発煙タイプのものなのですが、以前のものに比べて最近のものは20秒程度しか煙が出ませんので、駆除効果がどうなのかと思ったりしてしまうのですが結構効き目があるようで、これをしておくとあまり虫刺され等はしません。

ただし、年によっては効き目が薄いときもありますので、そのようなときには続けて別の日にもう一度バルサンをやることにしています。

006 75%このバルサンを実施している最中は室外に退避していなければならないのですが、その外出している間に換気口やドアの隙間から煙が廊下等に漏れ出てしまったりすると、それを火事かと勘違いされて消防署に通報されても困りますので、一応不在にする際には換気口は塞いでおくようにしたり、ドアに関しては隙間に新聞紙を詰めて煙が外部に漏れないようにしています。

その退避している時間は、説明書では2~3時間以上となっているのですが、十分な効果を期待するため私の場合は5~6時間はとるようにしています。

ということで、その5~6時間をどう過ごすかということになるわけですが、池袋の場合にはこのようなときでもデパートは色々ありますし、その中には美術ギャラリーもあります。

また、ホームセンターや専門店も多くありますので、体力さえもてば時間をもてあますことはないのです。

009 70%ということで、今回はまずは東武百貨店にある美術ギャラリーに行ってみました。

そこには、運よくガラス作家の作品展をやっていました。

その作家は、中吹きのガラス作家で須藤珠美さんという方でしたが、とても色合いの美しい配色をする方のようで、目に付く作品が数多くありました。

次に向かったのは、同じ東武内でやっていた身野友之さんという方の油絵展でした。

この方の油絵は写実的で、光の影の表現がとても見事でした。

絵画のスタイルとしては、萱葺き屋根の民家の絵をたくさん残している有名な向井さんという画家がおりますが、その方の作風に似ていました。

本人はいませんでしたが、会場にいた方も詳しいようで、一つの作品を作るのに1~3ヶ月程度かかると言っていました。
この後は別の百貨店の美術ギャラリーにも行ってみたのですが、こちらは特に印象に残るものはありませんでした。

百貨店内には、世界各国のガラス作品や、国内のガラスメーカーが製作したガラス作品等が多数ありましたので、いろいろと見学してきましたが、なかでも九州にある島津興業の薩摩切子が一番輝いて見えました。
その他に、ホームセンターは全ての階を隅々まで詳しく見て回り、画材等を扱う世界堂ではこれからのガラス胎七宝に参考となりそうなヒラメキを感じさせたものがありましたので、かなり興味ある情報を得ることができました。

こちらに関しては、そのヒラメキが感じなくなってしまわないように、できるだけ早い時期にアイデアを実践する試作テストをしてみたいと思っております。

<以下、お知らせ>

材料直接販売会 お知らせ広告用

◎H29年6月の被せ材料直接販売日は下記のとおりとなります。
    ☆6月17日(第3土曜日)
     ☆販売時間 13:00~17:00
  
 販売会に参加を希望する方は 来られる人数お名前時間 を事前にメールでお知らせ
   ください
。→こちらから

(注意) 時間については来場者が集中する場合には、ずらして調整することがあります。
       関連記事はこちら



◎7月の被せ材料直接販売日は下記のとおり、1日だけの開催となります。
    ☆7月15日(第3土曜日)
   ☆販売時間 13:00~17:00

 販売会に参加を希望する方は 来られる人数お名前時間 を事前にメールでお知らせ
   ください
。→こちらから

(注意) 時間については来場者が集中する場合には、ずらして調整することがあります。
       関連記事はこちら

  

『ガラスお買い得市』として価格優先の練習用に適した材料の販売を開始しました H24.11.27 販売品を4種追加しました。
  (注意)この商材は H26.4.1以降も旧価格のまま据え置きで販売しております。また、旧価格は税込価格ですので、表示価格にさらに消費税が8パーセント課税されるようなこともありません。
nobori_top_img_2011_11.jpg
  ※具体的な内容はこちらをご覧くださいこちら


インクジェットプリンタで鮮明に印刷できるサンドブラスト用マスキングシートが再入荷しました。 (H27.8.7)
  (注意)H27.8.7より価格の表記が税別価格に変更となりましたので、ご注意ください。
インクジェット対応シート・新
    ※詳しい内容は→こちら


曇っているガラス面を艶のある光沢面に簡単に磨ける乾式
  の研磨パッドです

●新・乾式研磨パッド(「研10」のセリウム含浸パッドのみ湿式)
  (注意)この商材は H26.4.1以降も旧価格のまま据え置きで販売しております。また、旧価格は税込価格ですので、表示価格にさらに消費税が8パーセント課税されるようなこともありません。
新・研磨パッドポップ
    ※詳しい内容はこちら

●次の作品は「酔芙蓉」

 にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ ここ(四角内)をポチッと押してこのサイトの応援をお願いします。
にほんブログ村   ※今日も見に来てくださいまして、ありがとうございます。 

018 70%次の作品の製作に取り掛かりました。

その作品は、今日画像をお見せしたような形状の花瓶を使用する作品となりまして、タイトルは「酔芙蓉」になります。

この花瓶材料も、今販売準備を進めておりまして、今月中には販売を開始する予定の被せ材料でして、下のほうが画像のように膨らんだ形状をしています。

したがって、他の花瓶材料とはっきりと区別するため、この材料の名称は「スウェル形花瓶・赤」としました。

そのスウェルとは、英語で書くとswellとなりまして、この言語は膨らむという意味がありますので、この材料のように下のほうが膨らんだ形状をしているものには適するだろうということで、このような名称にしました。

このスウェル形花瓶材料には、今回使用する銅赤被せの他にルリを被せたスウェル形花瓶・ルリもあります。

そして、今回製作を始めた作品「酔芙蓉」ですが、画像のようにマスキングシートを花瓶材料に貼って、削り取る背景部分の余分なシートを全て剥がすところまで終えました。
この作品でモチーフとしている酔芙蓉の花は、朝のうちは白い色をしておりますが、その花は時間の経過と共に色合いが赤く変化していくという特徴を持った花ですので、その辺も作品では表現してみようと思っています。
白い花の部分はそれを表現しようと思って少し前にサンプルとして花の部分の色を全て削り落として表現してみた試験用のサンプルを作ってみましたが、その印象が悪かったので、今回のものは赤色を極限まで薄く落として、わずかに残した色合いにより白いほうの花を表現しようと思っています。

花瓶となりますと形状が大きくなりますので、加工が全て済むまでには時間がかかりそうですが、この材料は何とか今月中に販売を開始したいと思っておりますので、見本作品とするためにもこの作品の完成を急ぎたいと思っております。

<以下、お知らせ>

材料直接販売会 お知らせ広告用

◎H29年6月の被せ材料直接販売日は下記のとおりとなります。
    ☆6月17日(第3土曜日)
     ☆販売時間 13:00~17:00
  
 販売会に参加を希望する方は 来られる人数お名前時間 を事前にメールでお知らせ
   ください
。→こちらから

(注意) 時間については来場者が集中する場合には、ずらして調整することがあります。
       関連記事はこちら



◎7月の被せ材料直接販売日は下記のとおり、1日だけの開催となります。
    ☆7月15日(第3土曜日)
   ☆販売時間 13:00~17:00

 販売会に参加を希望する方は 来られる人数お名前時間 を事前にメールでお知らせ
   ください
。→こちらから

(注意) 時間については来場者が集中する場合には、ずらして調整することがあります。
       関連記事はこちら

  

『ガラスお買い得市』として価格優先の練習用に適した材料の販売を開始しました H24.11.27 販売品を4種追加しました。
  (注意)この商材は H26.4.1以降も旧価格のまま据え置きで販売しております。また、旧価格は税込価格ですので、表示価格にさらに消費税が8パーセント課税されるようなこともありません。
nobori_top_img_2011_11.jpg
  ※具体的な内容はこちらをご覧くださいこちら


インクジェットプリンタで鮮明に印刷できるサンドブラスト用マスキングシートが再入荷しました。 (H27.8.7)
  (注意)H27.8.7より価格の表記が税別価格に変更となりましたので、ご注意ください。
インクジェット対応シート・新
    ※詳しい内容は→こちら


曇っているガラス面を艶のある光沢面に簡単に磨ける乾式
  の研磨パッドです

●新・乾式研磨パッド(「研10」のセリウム含浸パッドのみ湿式)
  (注意)この商材は H26.4.1以降も旧価格のまま据え置きで販売しております。また、旧価格は税込価格ですので、表示価格にさらに消費税が8パーセント課税されるようなこともありません。
新・研磨パッドポップ
    ※詳しい内容はこちら

●今年も咲きました。

 にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ ここ(四角内)をポチッと押してこのサイトの応援をお願いします。
にほんブログ村   ※今日も見に来てくださいまして、ありがとうございます。 

004 55%先日、工房のベランダに置いている鉢植えの「くちなしの花」が、今年も花を咲かせました。

鉢植えのため、毎年養分が不足してしまいますので、早春にはたっぷりとアブラカスを与えているのですが、昨年はそれでも葉に元気がなくなっていたため緑色の栄養剤を与えたら、見る見るうちに元気になって花を咲かせるようになったという経緯がありました。

そこで、今年も同じようにアブラカスと緑色の栄養剤を春先に与えたのですが、なんと新しく出てきた葉は下の画像のように全て白っちゃけていて、まるで元気のない葉ばかりでした。

002 55%これはまずいと思って、何かしなければと思い別の栄養剤を探したところ、第3画像に示したオレンジ色の液体が容器に入った鉢植え用の栄養剤(活力剤)というのがありましたので、それを与えてみました。

すると、3日くらいたってから見ると、葉の色は良くはならなかったのですがピンと張るようになって心なしか元気になったように思われました。

それからは陽気のせいもあるのでしょうか、次々と蕾が出で来て全部で10個以上になりました。

001 55%そして、次々とめでたく開花のはこびとなったというわけです。

おかげて、今はこの鉢の周りにはくちなしの良い香りが漂っています。

不思議なもので、毎年この「くちなしの花」にはアゲハチョウ(テレビで大好物だと言っていました)が来てタマゴを産みつけ、そのせいで芋虫が発生してしまいそれを除去するのが大変だったのですが、蝶もわかるのでしょうか、今年のような白い葉は栄養素が足りないと判断したのか一匹たりともアゲハチョウか来ているのは見たことがないのです。

自然の生き物というのは、じつに賢いものですね。

<以下、お知らせ>

材料直接販売会 お知らせ広告用

◎H29年6月の被せ材料直接販売日は下記のとおりとなります。
    ☆6月17日(第3土曜日)
     ☆販売時間 13:00~17:00
  
 販売会に参加を希望する方は 来られる人数お名前時間 を事前にメールでお知らせ
   ください
。→こちらから

(注意) 時間については来場者が集中する場合には、ずらして調整することがあります。
       関連記事はこちら



◎7月の被せ材料直接販売日は下記のとおり、1日だけの開催となります。
    ☆7月15日(第3土曜日)
   ☆販売時間 13:00~17:00

 販売会に参加を希望する方は 来られる人数お名前時間 を事前にメールでお知らせ
   ください
。→こちらから

(注意) 時間については来場者が集中する場合には、ずらして調整することがあります。
       関連記事はこちら

  

『ガラスお買い得市』として価格優先の練習用に適した材料の販売を開始しました H24.11.27 販売品を4種追加しました。
  (注意)この商材は H26.4.1以降も旧価格のまま据え置きで販売しております。また、旧価格は税込価格ですので、表示価格にさらに消費税が8パーセント課税されるようなこともありません。
nobori_top_img_2011_11.jpg
  ※具体的な内容はこちらをご覧くださいこちら


インクジェットプリンタで鮮明に印刷できるサンドブラスト用マスキングシートが再入荷しました。 (H27.8.7)
  (注意)H27.8.7より価格の表記が税別価格に変更となりましたので、ご注意ください。
インクジェット対応シート・新
    ※詳しい内容は→こちら


曇っているガラス面を艶のある光沢面に簡単に磨ける乾式
  の研磨パッドです

●新・乾式研磨パッド(「研10」のセリウム含浸パッドのみ湿式)
  (注意)この商材は H26.4.1以降も旧価格のまま据え置きで販売しております。また、旧価格は税込価格ですので、表示価格にさらに消費税が8パーセント課税されるようなこともありません。
新・研磨パッドポップ
    ※詳しい内容はこちら

«  | HOME |  »

<カテゴリー>

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

<工房の紹介>

工房ベネチアン・代表・吉村雅行(作家名・吉村凌駕)

工房ベネチアン・代表・吉村雅行(作家名・吉村凌駕)
☆ガラス工芸作家☆
東京都豊島区東池袋2-60-21フラッツ池袋303
TEL/FAX 050-3392-3088
TEL/FAX 03-3971-0170

お問い合わせ/ご注文

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード